AGAと呼ばれる症状の概要と主な治療法

AGAと呼ばれる症状は、いわゆる男性型脱毛症と和訳される症状を指しています。具体的な症状として、年齢に関わらず男性の頭皮から抜け毛が増える、その結果前頭部から生え際が後退する、あるいは頭頂部と呼ばれる部分から薄くなり地肌が見えるようになる、といった現象が挙げられています。特にこうした症状が出る男性が、決して老齢とは言えない20代や30代の人でも発症する確率があるという点が最大の特徴となっています。こうしたAGAの原因として考えられている主な理由が、男性ホルモンのバランスに異常が出る場合が挙げられています。その結果、毛髪をつくる細胞の働きや必要なタンパク質合成を遮ることで髪の生えかわりのサイクルも崩れ、通常よりも早過ぎる髪の抜け方が多くなり、症状が進行するとされています。また他の理由として、生活習慣による頭皮への血行不良をはじめとしたダメージや、遺伝による影響なども挙げられており、治療ではこれら原因に沿った対処が行われることになります。主な治療方法としては内服・外用双方からの薬の使用や、毛髪再生組織の投与などが挙げられます。特に現在では研究が進んだ結果、有効性が期待される医薬品の開発が進められています。AGAでは発毛サイクルの異常が主な原因となっていますが、こうした薬品は発毛サイクルの異常を引き起こす成分であるホルモンの働きを抑える効果があり、それによってサイクルを正常に保つ狙いがあります。一方でこうした薬品にも副作用として男性機能低下や循環器系などへの刺激といった面が懸念されており、治療・使用両面で受診や医師・薬剤師との相談が勧められる状況となっています。

AGA治療の効果と傾向

AGA治療とは、若年性男性型脱毛症に対するものです。若年性ではなくても薄毛を治療する場合にも最近では用いられています。日本では、とても多くの人が薄毛や脱毛にコンプレックスを持って悩んでいるため、大きな市場となっています。原因として考えられるのは、前頭葉の生え際における脱毛減少は男性ホルモンの作用、また頭頂部が脱毛してしまう、いわゆるO型の薄毛には頭皮の血行不良による栄養不足です。このような原因が引き起こされる背景には、確かに遺伝的要因もありますが、現代社会のストレスや睡眠時間の乱れによるホルモンバランスの低下、不規則な生活リズムによる自律神経系の不調などさまざまな要因があります。これらすべての要因に対応した万能治療法は現状ではないと言えます。したがって、東洋医学的な、体の中から改善していくというすこしゆっくりですが着実に効果のある方法も提案されています。しかし、すぐに効果が劇的に欲しいのは当然です。そこで、上記にあげた、薄毛になる要因を改善するものではないが原因を薬剤によって取り払ってしまおうという西洋医学的な薬剤投与が行われています。この方法は、目に見えて改善が実感できるため、非常にポジティブな気持ちで実践できます。そこで、現在では、薄毛の改善に際して西洋医学的な薬剤による改善と東洋医学的な体質の要因を改善するというアプローチをどちらも行って、薬剤の効果を完全に引き出し、改善後も効果が持続する体質に変化させるという方法で大きな成果を上げています。

AGAの治療について

AGAとはAndrogenetic Alopeciaの略で日本語では男性型脱毛症といいます。思春期以降に額の生え際や頭頂部のどちらかもしくは両方の頭髪が失われていきます。治療をしない場合5年間で髪の毛の密度は25%も低下するという報告がある進行性の疾患です。 テストステロンから作られるジヒドロテストステロンが脱毛部に高濃度に存在することが分かっており、このジヒドロテストステロンにより毛サイクルが短縮し、頭髪が太く成長する前に脱毛してしまうことで薄毛をひきおこしていると考えられています。 AGAの治療法には内服療法、外科的な植毛術、かつらなどの対症療法があります。内服療法はテストステロンをジヒドロテストステロンに変換する酵素を阻害する薬を内服します。効果は臨床試験で実証されています。同じ成分の薬は前立腺肥大症の治療にも使われていますが、AGAに使う場合は薬の量が少ないため、勃起障害などの副作用が起きる可能性は低くなっています。性欲が減退することを気にする人もいますが、テストステロンの量は減らさないため、原理的には性欲減退は起こりえません。臨床試験でも性欲が減退した人の数はプラセボ薬を飲んだ人の数と変わりがありませんでした。外科的な植毛術は側頭部や後頭部の抜けにくい毛を脱毛部に移植します。移植された頭髪はほぼ生涯にわたって伸び続け、最近の技術では見た目にも移植したことがわかりにくくなっています。